中年オヤジの自転車通勤コラムと女の子のイラストがあります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

部活で遅くなって、部室に後輩の女子と2人になった。
その女の子は白鳥愛菜。美人で人気があったが、殆ど話したことがなかった。
私服に着替えていた彼女が、いつもと様子が違ってモジモジして緊張していたみたいだった。

愛菜が涙を流しながら僕に告白してきた。
きっと勇気を振り絞っての告白だったんだと思う。
僕も彼女のことを好きだったけど、ちょっとツンデレな容姿だったので高嶺の花と思っていた。

夏の終わりに部室で僕たちは大人になった。
スポンサーサイト
リアルブロンド06
北欧から碧い目の女子が僕の通っている高校に留学してきた。
名前はエリス。同い年の16歳だ。
同じクラスの僕の隣の席が彼女だった。

知らなかったけど、彼女は親父の知り合いの娘さんということで、僕の家に同居することになった。
彼女は日本語が上手く話せなくて困っていたので、僕は彼女と一緒に登校するようになった。
電車通学の車内で、どちらかというと秋葉系の冴えない僕と碧い目の綺麗な女の子が一緒に座っている。

まず彼女に視線が行き、次に「不釣合いだな・・・」といった視線が僕に突き刺さる。
そんな僕に気付いてか、彼女は黙って僕の手を握り、にっこりと微笑んだ。
エリスは素敵な女の子である。
純情乙女

男の子「高橋・・・・」

女の子「・・・・・・はい。」


昨日の夕暮れがとても綺麗だった。
逆光で周りの建物はシルエットになっていて、こんな場面に恋人と一緒にいたら言葉なんていらない、
そんな感じがした情景でした。


   
恋愛物語06

貴方と巡り会ったのは、冬の木枯らしが吹く馬車道でしたね。
道に迷って困っていた私に慣れない片言英語で説明してくれた貴方。
一年後、港の見える教会で一緒になるなんて思いもつかなかった。

日本人とアメリカ人の国際結婚。
いろいろ大変だと思うけど、
末永くよろしくお願いします。


チャペルで誓う二人の想い、これから始まる二人の物語。
ロマンチックなイメージで描きました。
男は苦手なんで顔無し。

設定を日本男性とアメリカ女性のカップルにしました。
この前、電車でこの設定のカップルがいました。
逆は多いのでとても印象的でした。
恋愛物語05

どこかの町のどこかの中学校のお話。
真面目な真面目な眼鏡をかけた女の子がいました。
美人なんですが、内気なので目立ちません。

その子には片思いの男の子がいました。
その男の子は取り立てて格好良いハンサムでも、
スポーツマンでもありませんでした。

去年、ある夏の出来事。夕方、急に雨が降りました。
放課後に傘を忘れた女の子が1人いました。
無口な男の子は自分の傘をその女の子に渡しました。
そして、はにかみながら駆け足で家に帰って行ったのです。

男の子の傘は黒の大きいジャンプ傘。
大きな傘は男の子の気持ちのようでした。
あれから半年が経ちました。

女の子は生まれて初めて恋をしています。
少しづつ育って来たこの想い。
思いきって今日、告白します。



あとがき
時期外れですがバレンタインの過去絵をアップ。
なんとなく内気な子が頑張って告白している所を描いてみました。
目を描かなかったのはちょっと垢抜けない真面目な感じを出したかったので。

メガネを取ると綺麗な美少女というありがちな設定です。
結構、古いパターンですが、自分では気に入ってます。
今回は清純な感じで纏めました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。