中年オヤジの自転車通勤コラムと女の子のイラストがあります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドーサンD1の箱の中身はこんな感じです。
大きさの基準でボールペンを置きました。
本体は小ぶりだけど高性能な光を出すライトです。

開けた瞬間、ちっちゃくて可愛いってのが第一印象でした。
自転車に装着する方法は付属のステーとベロクロを使います。
ステーは2種類あって大きい方を使い、ハンドルの真ん中に付けました。

前々回の記事①の写真に付いています。
スポンサーサイト

自転車通勤で必要なライトを購入しました。ドーサンD1です。
色々調べた結果、海外通販以外で国内購入できる最強のライト(500ルクス)だと思います。
通常のライトより数倍高い3万ちょっと。通販アカリセンターで買いました。

ドーサンはデザインがイマイチって聞いてたのでゴツイのかなぁと思っていたんですが、
届いてみると本体のライト部分はバッテリーが別になっている分小ぶりで可愛いなぁって印象。
バッテリーはリチウムイオンでこれはゴツイ感じ。ベロクロでフレームに固定します。

マックス500ルクスで2時間持つと説明書。
試しに夜、走りました。ワイド光で10m先もばっちり照らしてます。
マックス500ルクスにしなくても市街地なら大丈夫ですが、この明るさは頼りになります。

昨年の11月に発注して今年の8月に届きました。
ビアンキは納期が異常に長いって評判でしたがこれほどとは・・・。
7月にはお店からも遅れていてキャンセルしますか?って確認されたほど。

待ちきれず他のメーカーに切り替えたお客さんもいたみたいでした。
夏は暑いし、秋から始めようと思っていたし、ここまで待ったら
2チャンネルの自転車板<ビアンキ<ニローネをロムしながらとことん待とう。

これがビアンキ・ニローネ・白チェレステ・2010年・アルカーボン・アルテグラミックスです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。