中年オヤジの自転車通勤コラムと女の子のイラストがあります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人魚物語13

空が澄み切った満月の夜。海の底で1人の人魚が妊娠しました。
春が近づき、北西の大陸に海流に乗り移動している時の出来事。
微かに膨らんだお腹には生命の鼓動が聞こえて来ています。

人魚は体の変化に驚いています。
仲間の異変に気付いた人魚達は心配して集まりました。
受胎した人魚は意識を失って、親しい人魚に支えられています。

みんなは不思議に思っています。
だって、人魚一族は500年に一度、この星の裏側にいる
男の人魚と恋をして子供を産むのです。

子供を産む時、その人魚の一生は終わります。
鮭が命をかけて卵を産み、一生を終えるように・・・
しかし、この人魚は少し様子が違うようでした。

満月の夜、青年は海辺で夜明けまで待っていました。
そして「人魚の心」に何度も何度も話し掛けました。
けれども聞こえて来るのは優しい波の音ばかり・・・・・・・・・・

冬はもうすぐ終わり。
貴女は近くまで来ていますよね。
貴女を信じています。また、来月の満月の時ここに来ます。

満月の夜が終わり、若い人魚は意識を取り戻しました。
そして、近くて遠くの世界にいる青年に想いを馳せ、
涙が止めどもなく流れます。

ごめんなさい・・・・・
来月には必ず連絡します。
貴方に報告したい事があるのです。


あとがき
今回は彼女の妊娠と人魚の寿命について書きました。
人魚は20歳まで成長し、若さは維持したまま500年は生きます。
彼女は今年で18年を生きています。

もし、子供を産まなければ徐々に老化しますが、約1000年を生きられるでしょう。
長老達がその実践者です。男の人魚は少なくて出会う機会は非常に難しいです。
今回は遠距離恋愛のもどかしさをエピソードに加えました。


ランキング参加中のため一押しお願いします。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://elfessence.blog59.fc2.com/tb.php/145-98bfc290
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。