中年オヤジの自転車通勤コラムと女の子のイラストがあります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セリーム08

踊り子としての暮らしに慣れた頃、敵国の追手が
セリーム王女を探しているという情報を入手した。
今は修行中の身で無防備だった。

敵から身を守る為に、生まれてから切った事のない
大事な長髪をゾイドによって断髪される。
そして髪の色も緑系の金髪に染めた。

ゾイドが教えるのは基礎体術のみで、魔法剣の秘伝をなかなか伝授してくれない 。
その為、彼に対してセリームは次第にある不信感を持った。
ゾイドは働かず、セリームの稼ぎで養ってもらっていたためもあったが・・・

彼女に不安がよぎった。
騙されて一生このままこの師匠の身の回りの面倒を見なければならないのかも・・・
こんな生活いつまで続くのか?

しかし、魔法剣はその術者に過度の肉体的負担を強いる為、
強靱な体力ができるまで敢えて教える事ができなかったのだ。
教えればセリームがすぐに戦いに出て、自滅するのが目に見えている。

憎まれても今は我慢のゾイドであった。



あとがき
髪は女の命。
主人公を逆境に立たせる為、敢えて切りました。・・・って、本当は短髪描きたかったから。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://elfessence.blog59.fc2.com/tb.php/198-2740c57f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。