中年オヤジの自転車通勤コラムと女の子のイラストがあります。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
囚われの美女

セリームが救出されて久しく時間が過ぎた。

各地でゾイダー帝国軍に抵抗する異国の軍隊が現れたが、エヴァにより簡単に鎮圧されてしまった。
捕虜となったその異国の姫たちは数知れず、美しい姫達は強制収容所に送られて肉奴隷にされた。

そして、今日も新たな王女が捕らえられてきた。
名前はチグリス・アルファード二世。

彼女はエヴァに敗れたが、能力的にはエヴァと同等以上の潜在能力を持っていた。
魔法とは違う詠唱なしの先天的超能力「瞬間移動」と「物質具現化」と「瞬間治癒」と、後天的能力として超魔法槍技・強力招来魔法を会得していた。

エヴァとの戦いでは、エヴァも危うく倒される寸前だったが、人質となった子供を助ける為に油断した瞬間にエヴァに超魔力暗殺拳を受けた。
通常は即死のはずだったが、その刹那にチグリスは「瞬間治癒」を無意識にしたのだ。
しかし、能力を使い果たしたチグリスは気絶して倒れた。

エヴァは息の根を絶ちたかったが、後続部隊の暗黒魔道士たちがそれを止めた。
「この女はエヴァ様の配下にしてはいかがでしょう?」

「セリームも仲間を持ったようだし、それも一興だな・・・」
エヴァは不敵な笑いを浮かべた。

別の考えをもった暗黒魔道士たち。彼らは第二のエヴァ候補として興味を持ったのだった。
牢獄に送り込まれたチグリスには、赤と金の奇妙な拘束具が付けられた。

牢獄で目覚めたチグリスが能力を駆使して脱出しようと試みたが失敗した。
「瞬間移動ができない!!・・・・なぜ?」
その原因は魔道士たちがチグリス用に造った魔法・ESP遮断拘束具にあった。
赤の拘束具は魔法遮断用・金の拘束具はESP遮断用の効果を果たしていた。

「そんなぁ・・・・・どうしてなの?」
牢獄に監禁されたチグリスはか弱い巨乳な美女でしかなかった。

地下の秘密の部屋で暗黒魔道士の長老たちが密談をしていた。
「エヴァのコントロールが難しくなってきている今、第二のエヴァを造ろうではないか!」
「あの女の拘束具が外れないかぎり、大丈夫だ。」
「エヴァの支配下から再び我等の独裁へ・・・・」

囚われた王女チグリスはセリームの敵になるのか?それとも・・・・
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://elfessence.blog59.fc2.com/tb.php/258-78e2fc46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。